キャッツがクーポン知らずの格安価格です ジョン・ミルズ

(*^。ありがとうございました!!四季のキャッツに行の前に、こどもに予習をさせようと購入しました。最近、ミュージカルにはまっていまして、みにいくのですが、そもそもストーリも知らずで、、、予習が肝要かと思い購入、リーズナブルな価格で助かります。

イマが買い時♪

2017年03月04日 ランキング上位商品↑

キャッツ ジョン・ミルズキャッツ [ “サー"ジョン・ミルズ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ようやく手に入れたので嬉しいです。その方が歌詞の意味をよく理解できると思いますので!またキャッツ観に行きたい!と思わせる作品です!とても感動しました。昔、大好きな映画楽天ブックスのポイントアップが重なっていたので写真の4枚をまとめ買い。こちらは他の3作品のような「オマケ」映像はありませんが、1000円で本編を観られてしまうのですから、文句ありません。四季と見比べる人が多いと思いますがそれぞれに良いです。劇団四季とはまた違った味わいがあって楽しく観れます。ラム・タム・タガーの襟毛の使い方がキザで!完全になりきっています♪(必見!)たのまれて購入しました。沢山の猫たちがひっきりなしに動くので何周しても見尽くすことができません。劇団四季の舞台もまだ観た事が無く、今の劇場は遠くて見に行けないので欲しかったそうです。とにかくCATSが大好きなので!買いました。リズムの良い分かりやすく日本語ではないところで購入しました。舞台は見たことがないのでこのDVDが初キャッツです。^*)英語の歌詞を聞き流していると本当に「ねこ達の歌」のように聞こえてくるから不思議です。コスパ良いですね。DVDなのでカメラワークによっては映らない猫もいるし、ミストのマジックにエフェクトがかかってたりしますが、舞台の臨場感がとてもあり、満足です。グロールタイガーの部分はなかったけど!ほぼ同じような内容で!これで1000円とは!びっくりです。千円になるのを待って買いましたが、本当に買って良かった! 千円では申し訳ないけれど、素晴らしいDVDだと思います自分の好きなミュージカルのDVDが安く買えて良かったです~日本語の公演とは違って本場の迫力で思わず鳥肌が立ちました~仙台公演で感動して、即購入しました!日本と雰囲気が全然違います(いい意味で)!予備知識がなかったもので、驚いてしまいました。こどもも鼻歌まじりに踊っています。ずっと欲しくて!やっと買いました。。マンカスが始終リーダーぶりを発揮し!ミストのしぐさがかなり仔猫でかわいい。ミュージカル好きの人と一緒に楽しめそうです。ただ、ブルースペックはその内出るかな???随分前に東京とニューヨークで見たことがあり同じではなかったけど懐かしく見られました。買ってよかった!!お友達にも勧めたいです。わからない言葉を何かおもしろそうだからとじっくり観てくれます。車で帰省する際に子供たちの余興で購入。タガーは日本より乱暴でプレイボーイな感じが出てます。「こういう猫たちがいて…で、いつ物語が始まるんだ?」と初めは戸惑ったのですが、その歌やダンスが好みだったためそれ目当てで見ているうちにはまっていきました。(生の舞台を観るのとはまた違いますが)自宅にいながらにしてミュージカルの名作が観られるなんて…良い時代になったものですね〜。お薦めです。でも!仕方ないんですが!オーヴァーチュアが猫目映像のみだったのは少し残念でした。もうかれこれ10数年前とかのは無しになるでしょうか??? 学生時代に渡英した際にミュージカルにはまり、その当時の4大ミュージカル、すなわち「キャッツ」をはじめ、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」や「クレイジー・フォー・ユー」「スターライト・エキスプレス」等も観てきたのですが、考えるととんでもない時代になった物ですw 当時は完全版のCDも高価だったのですが、家庭で楽しめるDVDがこんな価格で手に入るとはw収録の時代が1998年と言うことですから、サラ・ブライトマンが出ているCD盤のキャストと相違はしますが、キャストやカメラワークなどはこれ以上は望めないという出来ではないでしょうか???ただ、残念な点があるとするならば、矢張り1998年の映像と言うとフルハイビジョン全盛の現代からすれば幾分か画像が粗く感じられると言う事と、価格が高くなっても「レ・ミゼラブル」のようにブルー・スペック盤もリリースして欲しかったことですかね。マンカスとタガーとミストとヴィクとタントがとても目立ってて!全員かっこいいです!!特にタガーとヴィクはすらっと脚が長くかなりの軟体動物でした(笑)人間の脚の長さじゃない!!と思ってしまいました日本とはところどころ猫たちの衣装や雰囲気が違っていておもしろいです。英語の歌詞は日本語版とはかなり違います。原作本「ポッサムおじさんの〜」を先に読んでおくことをおすすめします。見れば見るほど好きになるミュージカルです。難しいのはわかっていますが四季版や東宝版もCDだけでなく!こういう形で観られたらなあ!と思います。。日本語の字幕がわかりやすくてよかったです。時間ができたら!観ます!劇団四季のしか観たことがなく大変楽しみです。ロンドン版は凄い! グロールタイガーの部分が無いんですね。雌雄問わず肉体派の役者さんが多くて…かなり色っぽいので!そこだけは「人間」が垣間見えてかなりのギャップを感じます。すっかり虜になり毎日毎日観ています。ヒロインであるグリザベラのエピソードが所々で挟まれるものの!内容のほとんどが猫たちの性格や生き方を語る歌やダンスばかり。。繰り返し見ていると猫たちの姿や名前も覚えてくるので画面の端々を見て「この猫ここでこんなことしてたのか」等と発見するのが楽しいです。でもいつも空気読めてないです(笑)あとチョココロネでした。シラバブがいないかわりにエレクトラという猫がいました。